桂離宮の石燈籠 2

5月23日(水)

桂離宮の石燈籠シリーズです。良質の豊島石の原石を入手したので各種本歌写しを製作しました。

e0126548_08435284.jpg

一つは外腰掛延段先にある生込燈籠写し。
上から椀をかぶせたような特徴的な形の宝珠だけが多角形で、あとは四角形です。本歌の石種は白川石です。

e0126548_08441550.jpg

次に賞花亭道の生込燈籠写し。この燈籠は池泉に蛍が飛びかうようすを生みだそうとしてデザインされたもので、“水蛍”という名をつけています。

e0126548_08443788.jpg

そして、松琴亭前の燈籠写し。各部円形で本歌も全ての部分が豊島石を用いています。


# by tokan-en-hardrock | 2018-05-23 08:44 | Hard Rock | Comments(0)

桂離宮の石燈籠

5月19日(土)

e0126548_16024316.jpg


良質の豊島石の原石を入手したので、桂離宮の石燈籠の本歌写しを造りました。
笑意軒舟着の置燈籠 三光燈籠は、本歌そのままの寸法写しで製作。
日月星を表した燈口を持つこの燈籠は、灯台をほうふつさせる。つまり舟の水先案内をつとめる役目です。

e0126548_16031278.jpg

笑意軒道の雪見燈籠といえば三角雪見燈籠。本歌より一割五分縮小して製作。雪見燈籠には違いありませんが、平面的に三角をなす特色豊かなモノで、ユーモラスで独創性に富んだ意匠です。

e0126548_16033568.jpg

ちなみに本歌の笠は白川石。その他は豊島石です。

# by tokan-en-hardrock | 2018-05-19 16:03 | Hard Rock | Comments(0)

白川石製手水鉢

5月16日(水)

少し間があきましたが、写真はチョット前に入荷してきた白川石製の手水鉢です。

e0126548_08105529.jpg


非常に丁寧な仕事がされており京都らしい仕上がりです。

e0126548_08112071.jpg

そこそこのサイズ感ですので、これ1つで景色になりますね。お薦めの手水鉢です。 

e0126548_08114517.jpg

https://yoshidah.exblog.jp/29781282/
 ← コチラにもこの手水鉢の関連記事があります。



# by tokan-en-hardrock | 2018-05-16 08:14 | 都乾園 | Comments(0)

ヘテ 海駱 Haetae

5月10日(木)

非常に時代のついた、「ヘテ」(海駱・Haetae)が入荷してきました。これは稀少です!!!

e0126548_08052407.jpg
「ヘテ」とは韓国で門前や殿前の両側を対で守る霊獣ことです。
e0126548_08054926.jpg
ヘテは、犬でもないし獅子でもありません。
e0126548_08061466.jpg
角はなく、巻き毛なところは獅子の系統を濃厚に感じます。
e0126548_08063627.jpg
ヘテは火を食べるといわれており、宮殿を守る火伏せの役割があります。
e0126548_08070857.jpg
角がないのが、朝鮮半島のヘテ独特の姿だといえます。


# by tokan-en-hardrock | 2018-05-10 08:07 | Hard Rock | Comments(0)

江州型雪見燈籠

4月4日(水)

写真は、江州型雪見燈籠です。


e0126548_10364500.jpg

石種はモチロン江州石!そして笠幅約四尺と、まあまあのデカさです。
e0126548_10362518.jpg
e0126548_10355676.jpg


昨晩観た映画「64(ロクヨン)」に出てきた、たぶんロケ地は群馬??それとも石燈籠の形式からすると瀬戸内辺りのお庭??と推測されるのですが、
e0126548_10352440.jpg
さほど奥行の無い庭でしたが、そこに据えられた超大型の雪見燈籠が庭のサイズと合ってない無いようで合っていて、それが何とも豪快でセンスを感じました。
e0126548_10362518.jpg

庭のスケールに対して石造品は若干大きめが好きです。
そんな四尺の江州型雪見燈籠はいかがですか??

この江州型雪見燈籠に関する記事はコチラ☞



# by tokan-en-hardrock | 2018-04-04 10:39 | 都乾園 | Comments(0)