石幢



   石幢(せきどう)




e0126548_21535873.jpg

                                              国東石(角閃安山岩)




石幢は仏堂内にかかげる幢という六角や八角に布を垂れる旗からでたもので、中国唐代から行われていたものを見習い、これを簡略化したものである。

その形式に二種類があって、複制は幢身の上に中台と仏像をあらわす龕部(がんぶ)を別につくる。その外観が石燈籠とよく似ているため、のちに混合した形式も行われたが、その差異は判然としている。

e0126548_2156396.jpg




石幢は鎌倉時代初期から出現し、南北朝頃からは地蔵信仰の庶民化とともに六地蔵をあらわした六地蔵石幢が多くつくられた。

e0126548_21582765.jpg




京都では善導寺石幢や清涼寺開山石幢などにその優品がみられる。

by tokan-en-hardrock | 2008-03-06 22:14 | Hard Rock | Comments(2)

Commented by roman-tan at 2008-03-07 19:39
これはお地蔵様のように道端にあるのですか
それとも、お寺ですか。
屋根の苔が迫力ありますね。
Commented by Hard Rockな男 at 2008-03-07 22:29 x
roman-tanさま
石幢というのは、中国では幢身に経文を刻む経幢の1つです。
それが石幢といって仏を祭ったり墓石になったり・・・
日本に伝えられたものは、中国のものを簡単にしたものと言えば解りやすいかと・・・
石幢は道端にはありません。お寺や神社にあります。写真のものはもちろんコピーです。骨董価値のある石造美術品を模したわけです。

<< 般若寺石燈籠 六方石 >>