野暮用で箕面市まで。


8月2日(水)

先月7月19日の話。

ちょっと野暮用で大阪府箕面市まで。

e0126548_18291527.jpg

432号線から能勢方面へぬける732号線との別れ道「笑路」の三叉路に道標を見つけました。

e0126548_18293955.jpg

「左 能勢妙見山道」明治42年3月に建立されたものでした。

それを見て久しぶりに無性に石が見たくなり、
箕面市で用事を済ませた後、南丹市園部町若森の南北朝時代創建の禅寺「普済寺(ふさいじ)」に立ち寄りました。

普済寺といえば南北朝時代前期の相輪まで完存する宝篋印塔が有名で、

e0126548_1830354.jpg

e0126548_1831109.jpg

e0126548_18313454.jpg

石柱門横の石垣上の二基の宝篋印塔も境内の宝篋印塔と同形式でした。

宝篋印塔を見たら、
今度は無性に層塔が見たくなり亀岡市宮前町宮川神尾山「金輪寺(きんりんじ)」と、
亀岡市宮前町神前「宝林寺(ほうりんじ)」を梯子しました笑

神尾山金輪寺はとにかくとんでもなく辺ぴなところにあり、辿り着くのに少々手こずりました。

さて置き、
寺伝によると延暦二年西願上人により天台宗として創建され、
寛治年間に明恵上人により再興されたとされています。

e0126548_18322856.jpg

e0126548_18324511.jpg

e0126548_1833611.jpg

鎌倉時代中期延応二年の銘のある重要文化財の五重石造層塔があります。
笠の軒反が緩やかで、各層の笠と軸部を別石で造る古い様式のものでした。

また、
五重石造層塔と対に安置されている九重石造層塔は、

e0126548_18333160.jpg

e0126548_18334454.jpg

e0126548_1834498.jpg

鎌倉時代後期初め正応五年の紀年銘があり逆に笠の軒反は強い。
苦労して辿り着いただけに対の層塔は格別だった。

そのまま、
重要文化財鎌倉時代後期正応五年の九重石造層塔を有する宝林寺へ。

e0126548_18343015.jpg

e0126548_18344936.jpg

e0126548_183545.jpg

笠の軒口は厚く垂直で反りは緩やかなのはまさに鎌倉のもの。

e0126548_18352736.jpg

e0126548_18354415.jpg

藤原仏三体の収蔵庫の裏には三基の宝篋印塔もありました。

e0126548_18361910.jpg

野暮用ついでだったので滞在時間短めでしたが、
久しぶりに石見て萌えました笑

# by tokan-en-hardrock | 2017-08-02 18:37 | Hard Rock | Comments(0)

電板


8月2日(水)

最近では希少となりつつある市電の板石、

通称 ” 電板 ” がまとまって入荷してきました。

e0126548_8254865.jpg

e0126548_826315.jpg

長手方向に80cmほどある初期型です。

e0126548_8262474.jpg

こんな機会はまたと無いと思いますよ。

宜しくお願い致します。 北山

# by tokan-en-hardrock | 2017-08-02 08:27 | 都乾園 | Comments(0)

京町家の古材入荷


7月21日(金)

京町家の古材が入荷してきました。
三尺角の組井筒(白川石)と本鞍馬石の手水鉢です。

e0126548_9211224.jpg

e0126548_9212699.jpg

組井筒は一部大きく欠損がありますが、それは後ろに見えない方へ据えれば無問題かとw

e0126548_9214213.jpg

組み合わせ合端も良く、念の為バンドで止めておりますがバンドしなくてもガタの無いシッカリとした造りとなっております。

e0126548_9215476.jpg

鞍馬の手水鉢は、鉢穴を丁寧にミカン彫りした使い勝手の良いサイズです。

e0126548_922824.jpg

取り急ぎ入荷案内まで。

# by tokan-en-hardrock | 2017-07-21 09:22 | 都乾園 | Comments(0)

石の野性


7月6日(木)

e0126548_10393066.jpg

隔月間誌「コンフォルト」の2017August(№157)が手元に届きました。
今回の特集は「石の野性」ということで、私も微力ながら少しだけ協力させて頂きました。

日頃からお世話になっております先輩 京都北嵯峨きむら造園の代表木村隆さんが語る「造園家の手法」10ページにもわたり掲載されています。これは必読ですね!!!(笑)

また、高﨑先生監修「庭石の小辞典」では、普段なかなか知ることのできない石についての基礎知識が詳しく丁寧に解説されています。

本屋で見つけたら興味のある方は手取ってみて下さいw 宜しくお願いします。

# by tokan-en-hardrock | 2017-07-06 10:41 | Hard Rock | Comments(1)

町家から消える石材


7月6日(木)

またまたご無沙汰ですw

SNSの普及でblogがおろそかになりがちですw インスタ、Twitter、FBと大忙し。。。

さて置き、

e0126548_9471030.jpg

写真は、弊社在庫品の橋杭形の立手水鉢です。
とにかく住宅事情が激変した昨今、大げさかもしれませんが沓脱石同様に町家から消えてしまうおそれのある石材の一つです。

簡単に言うと、明治、大正、昭和初期ぐらいまではトイレが住宅とは別だったのが、トイレが住宅と一体化したことで、縁先に手洗いが不必要になったという訳です。

縁先の手洗鉢としての用は失いましたが、海、池、波止、船着場などの舫(もやい)石のイメージで使用するとか物語に関連付ければ用途は膨らみます。

その時代その時代に合った用途に拘らず、現代の生活、環境にマッチっさせた用と美を生み出すのもこの業界の楽しみの一つですね。

橋杭関連の記事はコチラにもあります☞ http://yoshidah.exblog.jp/27947033/

# by tokan-en-hardrock | 2017-07-06 09:49 | 都乾園 | Comments(0)