<   2007年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

雌松


雌松 ( アカマツ )



地元自慢

よく耳にする 何々日本一とか、 ナンチャラ日本最大級とか・・・

そこでボクの実家 ( 北区等持院 ) の近くには
ボクが独断で勝手に決めた日本一があります。

何を根拠に
何を基準に

『 そんなの関係ねぇ~ 』 です。
ボクが基準です。

とにかく、 コイツは日本一でしょう。

e0126548_16184721.jpg


どーだっ、 この赤松

e0126548_16192453.jpg


フフ

e0126548_16194691.jpg


写真では伝えきれない・・・(涙



ここにあります↓

e0126548_16202353.jpg



是非とも興味のある方は見て下さい。 損はさせません。
実物を見れば、 正しく日本一だと感じて頂けること間違い無しです。

by tokan-en-hardrock | 2007-09-29 16:34 | Hard Rock | Comments(6)

用と美


手水鉢


Hard Rockな話では石造品のみに限定するが、
その石造手水鉢は、 実に多種多様です。

まずその種類を大きく三種類に分けてみると・・・

( 一 ) 自然石

( 二 ) 見立物

( 三 ) 創作加工品


そこで今回は ( 三 ) 創作加工品の話

( 三 ) の創作加工品は、 最初から手水鉢として制作したものです。
そのために意匠に工夫を凝らし、
棗 ( ナツメ ) 形や菊形 ・ 梟 ( フクロウ ) ・ 橋杭形などを作ってます。

例えば、 都乾園にはこんなものも・・・??

e0126548_22363717.jpg




なかには、 見立物としての古作を模作したものもあります。

創作加工品をさらに大きく分けると、
円型と角型とに分けることができます。

この類に属する手水鉢は、
近世以降のものがほとんどではないでしょーか?

三種に分けて使われている手水鉢のうち、
ボクは ( 三 ) の創作加工品が観賞の対象として喜ばれると思ってます。
なぜなら、 実用と観賞、
すなわち用と美が完全に一体となっているものと言ってよいからです。

皆さまはどー思われるでしょーか?

by tokan-en-hardrock | 2007-09-27 22:57 | Hard Rock | Comments(4)

釣三昧


釣三昧



昨日はイカ
今日はバス

はっきり言ってアホです
でもね・・・ やめられまへん (笑


都乾園ヤングスタッフ 拓哉 & NEWフェイス隼人 を誘って・・・


朝一は、 西岸でベイトについた ぶりん娘ちゃん狙い
日が昇ってからは、 東岸マンメード

釣果はこの通りッ

e0126548_17591897.jpg


e0126548_1759516.jpg


いー笑顔です。 これやしやめられまへん、 釣りは ・ ・ ・
明日からまたいつも通り仕事です。 お二人さん、 この笑顔で頑張ってネ



さっ、 ワシも切り替えてこー

by tokan-en-hardrock | 2007-09-24 18:20 | 黒鱒 | Comments(2)

アオリイカ


9月18日 の blog でお伝えした、
エギンガーKさまとの 若狭湾音海、 ガチンコエギング勝負

都乾園スタッフ 吉田浩志 も ガチンコ勝負に友情参戦。

ルールは、 とにかくたくさん釣ったもん勝ち。
あえて言うなれば、 ライブベイト ( 生餌 ) の使用禁止。
エギ、 又はフライ ( 毛鉤などの疑似餌 ) での釣果。

そして、 勝負の幕が切って落とされました。


まず、 幸先良く エギンガーKさまが、、、

フフ 外道 。 。 。 イイダコ (笑
ノーカウントです。

e0126548_19263085.jpg


そして、 お目当ての・・・
ア オ リ イ カ  ( まだこの時点でエギンガーKさまは笑っておられました )

e0126548_22395981.jpg


なんせ、 ボクも吉田も生粋のBASSERであり、 イカ釣りは若葉マーク
エギンガーKさまのテクを見よう見まねで、、、 何とか数は釣れましたよ。




写真では分かり難いかなぁ

e0126548_22534193.jpg


海はババ荒れ

e0126548_22545894.jpg


時折小雨まで

本当は怖かった

内海のみの釣行であったが

ガチンコ勝負も忘れ、 皆さま楽しまれておりました。



こんな外道も、、、

e0126548_2365572.jpg


やはり彼はBASSERなんですね (笑





勝負の結果はというと ・ ・ ・ ビギナーズラックというヤツです

e0126548_2324352.jpg



エギンガーKさま、 そー気を落とさずに
少しボクより釣れなかっただけじゃないですか (笑

また来年があります お疲れさまでした。

by tokan-en-hardrock | 2007-09-23 23:32 | 黒鱒 | Comments(4)

石造宝塔 鶴編


今夜は、、、

長安寺宝塔 「 牛塔 」 牛物語に続いて、
鶴の純愛物語の伝説を生んだ 宝塔の話を紹介します。

e0126548_22433434.jpg


総高 約4.2m、 牛塔よりさらに巨大な石造宝塔です。
笠である屋根の下に別質の石の斗型 ( ますがた ) を設ける手法は、
この手の石造宝塔の古い形を示すものです。

滋賀県安曇川町大字三尾里にあり、
県下では最大最古の石造宝塔ではないでしょうか!? ( たぶん )

満願寺跡の宝塔と言われてます。
地元では 「 鶴塚 」 の 宝塔と呼ばれてます。


「 鶴塚 」 という名の由来は、

むかーしむかーし ある日のこと、、、

猟をしていた武将が一羽の鶴を弓矢で射落としました。
射落とした鶴を拾いに行くと、 射落としたばかりの鶴の首がありません。
武将は仕方なく、 その首の無い鶴を持って帰りました。

それから一年・・・

武将は、 今年も冬空に飛ぶ鶴を射落としました。
すると射落とした鶴の羽の付け根に、
干からびた一つの鶴の首をシッカリと抱えているです。

武将はそれを目にして気が付きました。

去年に射落とした首をなくした鶴と、
今射落とした鶴は夫婦。

雌雄の鶴の純愛に心を打たれた武将は、
命を奪ってしまった二羽の鶴を弔うために、
この宝塔を建てて 「 鶴塚 」 と名づけたそーです。
とても美しい伝説です。

しかし、 伝説にしろ何にしろ、
これほどまでの巨大な石造宝塔が建てられたということは、
満願寺はそれ相応の寺院であったということでしょう。

by tokan-en-hardrock | 2007-09-21 22:47 | Hard Rock | Comments(2)

エギングバトル


エギング



e0126548_2353573.jpg


エギングとは、 イカ釣りのこと。
今週23日 ( ) 若狭湾にて、 エギンガーとエギングバトルってきます。

エギングに興じるアングラーを総じてエギンガーというよーです。
そんなこたーどーでもいーです。

私は専らBASSERであり、 エギンガーではないのですが・・・
売られたケンカを買っただけです。

必殺技 「 スラックジャーク & ノジング 」 で Mr.エギンガーK も勝ち目無しっ!!

by tokan-en-hardrock | 2007-09-18 23:31 | 黒鱒 | Comments(2)

京都タワー


京都タワー


連休を利用して、
1泊2日 石川県小松の辰口温泉に行ってきました。



e0126548_21141217.jpg


自宅に帰って、 写真の整理をしていると、、、
京都駅を出発前、 何気に撮影した京都タワーの写真が1枚。

京都タワー、 よー見ると独特やな、、、
気になり調べてみると、




1964年 ( 昭和39年 ) に誕生。
デザインは、 灯台をイメージ。
構造に関しては超個性的なよーです。


東京タワーとかと違って、 一切鉄骨を使ってないらしい・・・ ってホンマか!?
京都大学工学部が構造設計の依頼を受けて、
わが国初めてモノコック構造 ( 応力外被構造 ) っちゅーのを採用して、
地震や台風とかの大きい外力に負けないよーに、
一般の建築物の設計安全率の2倍以上の値を想定し設計しはったそーです。


これまで京都タワーは、 瞬間風速50m/秒を超える台風を幾度と経験、
また阪神大震災で震度5強の激しい揺れを受けたけど、
損害は無く安全性の高さを証明。


モノコック構造 ( 応力外被構造 ) とは!?
骨組は一切無く、 薄い外被 ( 殻 ) で力を受けとめ全体を支える構造で、
カニとかエビと同じ仕組みらしい ( 分かり難いけど )
塔身は厚さ12ミリ~22ミリの特殊鋼板の円筒をつなぎ合わせたものです。


むかーしに登ったよーな、、、 登ってないよーな。。。
近日行ってみよっかなぁ~





タワーMEMO
高さ      131m
開業日     1964.12.28(工期1年10ヶ月)
総重量     タワー部分のみ約800トン
耐えられる風速 90メートル

by tokan-en-hardrock | 2007-09-17 21:46 | Hard Rock | Comments(2)

2007 RIVRE CLASSIC


下記の通り 2007 RIVRE CLASSIC 出場資格者 が 発表されました。

私、 そして 吉田浩志 共に出場権を獲得しており、 もちろん出場します。
昨年の CLASSIC 、、、 僅差 ( 70g ) で優勝を逃し、 とても悔しい思いをした。
RIVRE CLASSIC 、 獲りたいタイトルのひとつです。




出場資格
RIVRE CLUB トーナメント 第1戦 - 第6戦 に於いて、
1~10位以内の入賞経験者
第1戦 - 第6戦 まで、全戦にフル出場された方


日程
10月14日(SUN)6:30~ エントリー受付開始
7:00スタート ウエイン12:30~ 最終帰着13:00
出場資格者名簿

e0126548_2165825.jpg





































追伸 : 「 RIVRE CUP 最終戦 ( 第6戦 ) 」 上位のフィッシングパターンや、
私の コメントムービー など、 RIVRE公式WEBサイト にて UP されております。
かなり偉そうです (汗
偉そーやけど、、、 観てね

by tokan-en-hardrock | 2007-09-15 21:57 | 黒鱒 | Comments(0)

塔心礎のつづき・・・


礎石


塔心礎 の話のつづき・・・


寺院、 宮殿などの大型建造物に、
まずは 礎石 という石が必要です。

平安時代以降、 建物に板敷きなどの床ができるまでは、
礎石 も目に見える上面を綺麗に仕上げたり、
柱座や字地覆座を設けたりしました。

その後、 床を貼るよーになってからは 礎石 が隠れるので、
建物正面などの見える部分の礎石のみに手を加えるよーになっていったのです。


e0126548_224962.jpg



古代の寺院建築に必要であった層塔は、
塔の中心が一本の太い柱でできていて、
この柱を心柱と言い、 その心柱を支える 礎石 を 心礎 と言います。

心礎 には心柱をはめ込む穴が掘られており、
柱を固定するために表面を平らにしたり、
柱の方形に似せた加工などの手が加えられています。


e0126548_22371112.jpg



今回 Hard Rock でお話した
南滋賀町の 塔心礎 や、 それらを含めた 礎石、

そこは大昔 寺院であったとか、 城だったとか ・ ・ ・ 色んな伝説で語られてます。
そーいった伝説が語られる限りは、
そこにはそれ相当の何らかの歴史があったに違いないのです。

たかが 塔心礎、 たかが 礎石 であっても、
それらがこれからの郷土史を紐解く光を当てていくと私は思ってます。

by tokan-en-hardrock | 2007-09-13 22:54 | Hard Rock | Comments(2)

塔心礎

国指定史跡
南滋賀町廃寺跡


e0126548_2295681.jpg


大津宮を探る一環として発掘調査が行われ、
ここが白鳳期創建の寺院跡だということがわかったそーです。

東塔、西塔、金堂、講堂、食堂などの伽藍が検出され、
また、 南・東・西の回廊が見つかったことから、 中門の位置も推定され、

さらに 塔心礎 までも検出

e0126548_2220426.jpg


もちろん、 溜まった水をかい出してみる・・・

e0126548_22211697.jpg


少しずつ全貌が明らかに
塔心礎 とは、 木造の塔の中心の柱を支える礎石のこと

e0126548_22214838.jpg


そして、 飛烏川原寺 と よく似た伽藍配置の寺院であることまでわかりました。

東塔・西塔・金堂は、基底部に割石を並べ、
その上に瓦を積み上げた瓦積基壇の上に建っていたよーです。

出土瓦などから、 この寺院跡は平安時代末期まで存続 !? してたみたいです。
この寺院跡からは平安時代の瓦が多く出土し、
これらは、 榿木原瓦窯 ( はんのきはらかわらがま ) で焼かれたものだと考えられています。
この寺院跡は大津京と深い関連があり、
国の史跡に指定されています。

              明日はこの 塔心礎 についてもう少し詳しく書いてみます。  つづく

by tokan-en-hardrock | 2007-09-12 22:38 | Hard Rock | Comments(0)