<   2007年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

門前市を成す


門 とは、 塀 や 垣 に 開けられた 出入口のことです。

現在、 境界 に 建てられた 出入口 は すべて 「 門 」 で 片付けられてしまいますが、、、

e0126548_21483348.jpg


「 門 」 という 言葉 は 家 の 入口であり 象徴 ともいえると 私 は 思っています。

「 家 」 そのものを 指すのでは !? ( 例えば ・ ・ ・ 門下、 一門 など )

e0126548_21512524.jpg


鳥居 は 神 を 祀る 空間 と 人間 の 空間 を 繋ぐ 門 と 言えるでしょう。

また、 「 鬼門 」 は 俗界 と 冥界 の 境 に 存在 する 門 と 考えられていたよーです。

e0126548_2229493.jpg


「 門 」 という 漢字 は、

門柱 と 両開き の 門扉 を 描いた 象形文字 からきてるといわれてます。

e0126548_22301075.jpg


「 門 」 を 使った 慣用句 は 多く、

例えば ・ ・ ・

門前市を成す ( もんぜんいちをなす )
門前に人や車馬が群がり集まる。権力や名声があり、それを慕って、その家に出入りする人が多いことの喩え。




反対に、

門前雀羅を張る ( もんぜんじゃくらをはる )
訪れる人がなくて門前には雀が群れ遊び、網を張って捕らえられるほどである。門前がひっそりとして寂しい様子。


                    我社 も、門前雀羅を張らぬよう、
                    門前市を成したいもんですなぁ~ 遣い方 間違ってたり・・・(汗

                              と、いうことで 「 笑う ♪ 門 ♪ には福来たる 」

by tokan-en-hardrock | 2007-08-30 22:44 | Hard Rock | Comments(0)

ウエスティー・ワーム


名品 ウエスティー・ワーム


信頼できるヤツだ

e0126548_21553491.jpg


リアクション効果抜群  BK/YE  通称 タイガースカラー は、 私 の 超お気に入り


e0126548_21594539.jpg


リアフック は 外して 使用 が 基本。



気になる アクション だが、

リアフック を 外すことで 着底後 ボトム で 直立。

e0126548_22143014.jpg



湖流などによって 直立姿勢 から 生み出される イレギュラーな 動きが、


魔法のように バイト を 誘発。


低活性時 でも、 派手な ツートンカラー は リアクションバイト を 誘い 続けるのです。


未だ 根強い コア な ファン も 少なくないのでは ・ ・ ・


                                       私 も そのひとりである

by tokan-en-hardrock | 2007-08-28 22:28 | 黒鱒 | Comments(2)

地震雲


なんだか 難しい話 だが、

地震 とは、 蓄積 された エネルギー の 解放 !? らしい ・ ・ ・


そこで、 学者 いわく 地震雲 を さぐることによって 地震 が 予知 できる !? そーです。



色々 と 調べてみると、


低気圧 の 出現 や、 高気圧 の 張り出し など、

これらが 原因 で 地磁気 が 強まり、 これに 動植物 が 反応 し、

マグネティックスポット ( 磁力線が放出される場所 ) から 地震雲 が 現れる。



今日、 私 が 撮影 したんですが ・ ・ ・ も し や コ レ は !?

e0126548_23272494.jpg


こうした 現象 の 後に、 地震 が 起こる 場合 が 多い。

そして、 地震雲 の 延びていく 方向 が 震源地 となることが 多いらしい。


あーこわ

by tokan-en-hardrock | 2007-08-26 23:37 | Hard Rock | Comments(1)

中国紀行 DAY 2


中国紀行 DAY 2


おはよーございます。

AM06:45 滞在 している ホテル15F の 部屋 より 撮影 中国 の 朝

e0126548_21235998.jpg



台風 は 超巨大勢力 を 保ったまま 台湾 に 上陸。

予報では、

中国南部 の 沿岸 を 舐めるように 縦断。

私たち の 滞在地 に 一番近づくのは、

18日 ( 土 ) 今日 の 午後11時頃 、

でもって、 まだ 平穏 な 感じである。


嵐 の 前 の 静 け さ か ?


子供 の 頃、

台風 が 来ると なぜか ウキウキ した 気分になったものだが、

今回 も 何か それに 似た 感じだ。




AM07:30 とりあえず 朝食

e0126548_2135910.jpg


たまご焼き !? 目玉焼き !? それと ケーキ が 2個


台風 が 直撃し 雨 が 降る前 に 仕事 を 済ませねばっ!

AM08:00 に 出発 !!






100ton  は 裕に超えているだろう 石 の 上 で 記念撮影

撮影 したのは 私 なんだが、

肝心 の 石 の 大きさが 分かり難いのが 残念 で 仕方ない。

本当 に 大きい。 向かって 右 から 二番目 は ヨッシー

e0126548_21514663.jpg



この頃から 風 が 強まり もう 既に 立っていることすら ままならぬ状況に !


その後、雨風 共に 強まり 仕事 も 続行不能。

ミニスクーター は 飛ばされ、 街路樹 は 軒並み 倒れ ・ ・ ・

かつて 経験したことの 無い、

そして、 子供の頃 の ウキウキ感 を 彷彿 させる 超巨大台風。

仕事 が 続行不能 となった今、 もう この 状況 を 楽しみ、

そして、 写真撮影 に 没頭 しよーうと 思った や さ き ・ ・ ・ ・ ・ ・



       あぁー まぢですかぁ~ !?


                   無念 の デジカメバッテリー ぎれ


こうして、2日目にして 撮影すら 不可能となり、

中国紀行 DAY 2 は 途中 で 幕 を 閉じるのである。


                                       無理やりおわり



※この後の中国紀行が気になる方は北山利通本人に直接お聞き下さい。

by tokan-en-hardrock | 2007-08-24 22:26 | 都乾園 | Comments(0)

中国紀行 DAY 1 ( 後編 )


それでは、、、 中国紀行 DAY 1 ( 後編 )


何はともあれ、 無事 中国 到着。

空港 へは 通訳 が 四駆 で お迎え !?

休む間 なんて 無い、、、 仕事 仕事

時間 が もったいない。

e0126548_0271287.jpg



四輪駆動車 で ・ ・ ・ グイグイ 行きます。

e0126548_0273313.jpg



突然 現れた 廃レンガ の 山

嫌な 予感 ・ ・ ・

e0126548_0292551.jpg



ビンゴ !!

車 が 通れる 道幅 確保 の ため ・ ・ ・

運転手 も 通訳 も、、、 ダイエット ダイエット!

e0126548_0295274.jpg



・ ・ ・ ・ ・ 。

e0126548_030827.jpg




何とか ・ ・ ・ 目的地 到着

最高 の 眺めです。

e0126548_037304.jpg



山頂 で 天然 !? 牛 に 遭遇

e0126548_0384288.jpg



見たこと 無い 植物 も

e0126548_0394012.jpg



そして、、、

廃レンガ と 格闘 の 末、 汗まみれ に なりーの、 途中 からは 完全 に 登山

行きつく その先に、、、

e0126548_125642.jpg


e0126548_131565.jpg


e0126548_133311.jpg



注) 実物 は、 10月初旬 入荷予定

都乾園 竜安寺 資材置場 にて ご覧に なることが できます。






その後、 台風 の 影響 か 急に 風 が 強まり ・ ・ ・ 下山。

e0126548_110489.jpg



で、何やかんやしてたら 夜。 1日 は 早い です。


お待ちかね、  夕食 の 時間 が やってまいりました。

今夜 は、、、 いや、 今夜 も ・ ・ ・

チャイナ お決まり、 山 やのに 海 鮮 イエーイッ !!

e0126548_1124726.jpg


水槽 の 中 から、、、、

さっ、どれにしよか 選ぼーっと ・ ・ ・

                                    つづく

by tokan-en-hardrock | 2007-08-22 01:39 | 都乾園 | Comments(2)

ファッションと庭によせて・・・


本来なら、

中国紀行 DAY 1 ( 後編 ) を お届けする 予定 !? でしたが、、、



いま 話題の 新名所 !!

2007年3月30日、 六本木 で 開業 したばかりの 複合施設、

21世紀 の 新しい 都市 " 東京ミッドタウン "  に


e0126548_23345760.jpg


本日、 私 北山利通 が 行って まいりました。


そこで 中国紀行 DAY 1 ( 後編 ) は、 ひとまず 措いておき

21世紀 の 新しい都市 " 東京ミッドタウン "  の 報告 を したいと 思います。


e0126548_2337433.jpg


で、、、

" 東京ミッドタウン "  に 何しに 行ったかというと ・ ・ ・


e0126548_23352970.jpg


ファッションと
商業空間 における 作庭作品 の 写真展 と インスタレーション
「 庭空間 から 建築 へ 訴えかけるもの 」




と、 題した イベント が Midtown Tower 4F で 開催 されている 事 を 知り、


e0126548_2341148.jpg



中国 から 帰国、 そして 休む 間もなく 東京 へと 足を 運びました。




展覧会 の 内容 は、、、


「 これからの 造園業界 を リード する 本当 に 素晴らしい 展覧会 だった 」


と、 私 は 真剣 に 思った。


それ 以上 は やはり 自らが 足を 運び、 そして 感じて頂きたいもんです。


e0126548_23383571.jpg




これは 私 が 主催者 に 代わって 皆さん に 伝えたい。

主催者 の 想いに 感動 させられました。


「 "ファッション と 庭 " に よせて ・ ・ ・
TVっ子世代 の 私 が 考える AQUOS の CM で 吉永小百合 が 名庭、 名建築 の 前に 立つこと、
BRUTUS の 表紙 において 重森三玲 の 青石 の 前に 木村カエラ が 立つ方 が、 それがより わかりやすい。
庭師 として 生きているようだが、 私 が もし 美術 の 領域 の 人間 だとしたら、 それは 絵ではなく、 彫刻 でもなく ・ ・ ・
庭 だった ということだろう。 そのような 解釈 で 私 は 庭 を つくる。 いつか、 庭において 「 絵画 の ような付加価値 を つけてみたい 」 そう 願う。
私 の 周りにいる 仲間 や 関わる人 に 感謝 しながら ・ ・ ・ 。 」



                                  と ・ ・ ・ 庭師 H . Suga







ついでに、 " 東京ミッドタウン " とは ・ ・ ・

e0126548_064546.jpg


2000年、 防衛庁本庁 が 檜町 から 市ヶ谷 へ 移転したことから、

あたらしい 都市計画 が 始まりました。

それは、広大 な 緑 を 臨む 檜町公園 を 含めた、

都心 に 残された 再開発事業 です。

e0126548_07617.jpg


オフィス、 住宅、 商業施設 など からなる、 これまでにない 「 複合都市 」 を 創造したい。

そんな思いから、コンソーシアム6社にて落札。

こうして、 国際都市 ・ 東京 に ふさわしい 「 都市再生 」 の一翼を担う、

一大 プロジェクト が スタート しました。

e0126548_0817.jpg


そして、 2005年

ニューヨーク の ミッドタウン にちなみ、 タウンネーム を " 東京ミッドタウン " に 決定

e0126548_0114781.jpg


2007年3月、 「 デザイン 」 を テーマに、

新しい 価値 と 感性 を 世界 に 発信 する 拠点 として、グランドオープン

e0126548_082141.jpg


" 東京ミッドタウン " には、 歴史 を 物語る ものが いまも 数多く 残っています。

e0126548_085868.jpg


毛利家下屋敷跡 の 石組溝 の 石 は、 現在 は 擁壁 に。

e0126548_092680.jpg


旧防衛庁 に 植えられていた 約140本 の 木々は、

緑地エリア へと、 形 を 変えて 受け継がれています。

e0126548_010119.jpg


                  まだ、行った事の無い方 ぜひ一度 " 東京ミッドタウン " へ ・ ・ ・

by tokan-en-hardrock | 2007-08-21 00:18 | Hard Rock | Comments(0)

中国紀行 DAY 1 ( 前編 )

関 西 国 際 空 港

ウイングシャトル に 乗って ・ ・ ・

e0126548_23144294.jpg


1番搭乗口 に 到着 ( ちなみに写真の飛行機には乗りません )

e0126548_23161391.jpg




そして、、、 離陸 ・ ・ ・

e0126548_23174491.jpg


左下 に 見えますのが、、、 関 西 国 際 空 港 で ございまーす。

8月2日 に 完成 したばかりの 第 二 滑 走 路 も 見えます。



今回 の 中国出張 は、、、

メタボリック な 彼、 吉 田 浩 志 と 私 の 二人

e0126548_2325429.jpg


当然、 私 も 彼 に 負けじと劣らず 超メタボリック なもんで、

ダイエット 兼ねて の 訪中、

ダイエット する メタボ な 二人 が おとどけしまーす。



機内食 は コレ

コレ 食って~

e0126548_23281229.jpg


んで、 コレ飲んで ・ ・ ・

e0126548_23282962.jpg


ん ? ダイエット !?

・ ・ ・ ・ ・ 。

無理っ




前もって 用意 していた 書籍

行きの 機内 は コレ で ヒマ 潰そうかと ・ ・ ・

e0126548_23373151.jpg


中国 到着 するまでに 読破 !!


しかし、 内容 は イマイチ


読むと 暗ーく なるね。


インド式計算法 の 本 と 迷って 買ったんやけど、

インド式計算法 に すればよかったと 後悔、、、


ヒマ 潰しが ストレス 溜まったよ。


「 おいっ 若者よ !! どないなっとんじゃいっ !! 」 って 感じ ・ ・ ・





機内 の 朝の テレビニュース で ・ ・ ・

1ドル 114円 14~19銭 、、、、 えらい 円高 に なりましたなっ ( 驚

e0126548_23441435.jpg



そーこー してる うちに、 まもなく 着陸

海 が 濁ってます。

ま、 常に 濁ってるんですけど ・ ・ ・

e0126548_23475538.jpg


つ~事で、 とにかく 無事 到着。

では、 続きは 後日 ・ ・ ・


この時、 誰 が あのような 事態に なる事を 予測でいただろーか !?

                                              つづく

by tokan-en-hardrock | 2007-08-19 23:57 | 都乾園 | Comments(0)

五山送り火


暑っ 暑っ 暑っ


岐阜県 多治見 で 40.9℃

新記録だそーです。


北極の 雪解けの速度が 学者の予想を はるかに上回る 40年 早いらしい。

この調子でいくと 近い将来 モルディブ は 海に 沈むことに ・ ・ ・


皆さん、 本気で 地球温暖化問題 に 取り組もーじゃありませんかっ !?

まずは 身近なことからね !!




夕方、 ししまる の 散歩中 我が家の近くの 住宅街 が 騒然。

刃物 を 持った男 が、

ボク と 同じように 散歩してる 近所の おじさんを いきなり 切りつけた ( たぶん )

通り魔 だっ !!

凶器 の 刃物 を どこかで 捨て、 ( 後から聞くと )

e0126548_150484.jpg


逃走 を 図るが 近くに居た 消防団の方 と 警察官に 取り押さえられた。

少し 離れた場所 で 野次馬 してたんですが、

そこまで アルコール の 臭い がした。

e0126548_1502749.jpg


やはり 暑くなると 頭の切れたヤツが 必ず現れる。

一歩間違えれば 私が 切られていたかもしれない。

おじさんには悪いが、 正直 助かった ・ ・ ・



今日 は 「 五山送り火 」


たまたま 警備に あったている 警察官 や 消防の人 が 居たから その場で 逮捕となったが、

も し 今日 が 普通の日 なら ・ ・ ・ ゾォー っとします。


皆さん、 40℃ を 超えると 確実に 変人が 現れます。

充分 注意 して 下さいね。




で、 8月16日

お盆 に 迎えた 精霊を 送る 伝統行事 「 五山送り火 」 行われた。


京都周囲の山に、 炎で描かれた 「 大 」 「 妙法 」 の 文字。 さらには 鳥居

精霊送り の 意味を 持つ 盆 の 行事です。


京都三大祭 ( 葵祭 ・ 祇園祭 ・ 時代祭 ) に 五山送り火 を 加え、

京都四大行事 と 呼ばれているようです。



「 左大文字 」 は 京都市 北区 衣笠 ( 我が家の近所 ) に あり、

e0126548_2174726.jpg


字形 は 「 右大文字 」 と 似ているが、

規模 や 点火手法 に 至るまで 全ての面 で 異なる と 聞きました。

西大路通 の わら天神交差点 を 北に越えると 視野に 入ってきます。

e0126548_252891.jpg


麓 には 金閣寺 が あります。



聞くところによると、

1662年、 大文字、 妙法、 船形 の 三山 より 遅れて 登場したらしい。

大の字 に 一画 加えて 「 天 」 とした 時代 も あったよーですよ ( ウソ ? )


「 五山送り火 」


PM08:15 ちょっとだけ 点火

e0126548_2154518.jpg


e0126548_218547.jpg


e0126548_220127.jpg


e0126548_2212738.jpg


e0126548_2215669.jpg


e0126548_2224012.jpg


妹 の 家 から わたし が 撮影 しました。





私たち 人間 を 取り巻く 自然環境、

むかし むかし から 続いてきた 祖先 との つながり、

そして 今 の 自分たち が いる。

そんな 赤々 と 燃える 炎 の 文字 は、

e0126548_223143.jpg


私たち に 祖先 を 忘れさせまい とする、

ボクは 先人 の 「 仕掛け 」 の ような 気が します。







追伸: 江戸時代後期 には 「 い 」 ( 市原野 ) 、
「 一 」 ( 鳴滝 ) 、 「 竹の先に鈴 」 ( 西山 ) 、
「 蛇 」 ( 北嵯峨 ) 、 「 長刀 」 ( 観音寺村 ) など の 字形 も あったが、
途絶えた といわれている。

by tokan-en-hardrock | 2007-08-17 02:40 | Hard Rock | Comments(0)

アバロンチューン


アバロンチューン

私の中で 鮑 ( アワビ ) 貼りは もはや 絶対的な ウェポン に なっている。

e0126548_1428263.jpg


ただ、天然鮑 は コストが 高い。

さらに 貼り付けや チューンは もっと 面倒くさい。

e0126548_1429334.jpg


天然鮑 の 妖艶な輝きは、

確実に バスに訴える何かを持っている気がして仕方ない。

e0126548_14302821.jpg


その輝きは、

角度によって 常に見え方が違うから

それが バスから ルアーを 見切られ難くするのではないでしょーか?

e0126548_14325722.jpg


ま、 バスに 見切られる見切られない 以前に、

その 妖艶な輝きに、 人間 (ボク) が 先に 釣られるんです。  ・ ・ ・ 。

うーん、 綺麗ですねぇー

by tokan-en-hardrock | 2007-08-16 14:45 | 黒鱒 | Comments(0)

先斗町 ぷらりっ !


京都は 石造美術 の 宝庫だ。


平安遷都以来、

京都には 各時代を通じて 多くの石造美術遺品を有する。


このうち、 重要文化財指定 が 32点、

重要美術品指定 が 21点、 府市町村指定 が 6点、

その数が 単に多いというだけでなく、

その古さや 勝れた点に於いては、 はるかに 他都市をぬきにでていると思う。


しかし、 庭園 や 建築、 仏像 ・ 絵画などに 興味をもたれるのに対し、

石塔 や 石燈籠など 石造美術 は 地味なため、

一部の人を除いては 関心が薄いのも事実。



今回、行き交う人達の袖が擦れ合うほどの狭い通り、

少々ぶつかっても お互い笑顔で返す、

e0126548_12371497.jpg


京都先斗町 を ぷらりと散策した時に撮影した、

e0126548_12375539.jpg


現代の 石造美術 の 写真、 あわせて 簡単な解説を付し 紹介します。





■ 橋杭形手水鉢 ■

e0126548_12383934.jpg

この種のものは橋脚の一部を切り取って、

上部に水穴を拵えて手水鉢として利用したもの。

本来、 橋杭形手水鉢 は 高さのある手水鉢です。

なぜ 地中深く 埋めるよーに据え付けられているのかは、わたくしとて 疑問 ・ ・ ・





■ 石燈籠 ■

e0126548_12563433.jpg


この種のものは、 ほとんど 近世以降に 創案されたものでしょう。

火袋 が 特徴的で、 石大工が 意匠を凝らし

格子紋様 として 表現したのではないでしょーか?






■ 石燈籠 ■

e0126548_1331089.jpg


これも 近世以降に 創案されたものでしょう。

基礎、 火袋、 宝珠 全てが 一体型 で、

ここにも 石大工達が 意匠を凝らして、 精華を問うていることが 伺えます。

何か 静けさのなかに 楽しさを感じられるのは 私だけでしょうーか?

「 ・ ・ ・ ・ 静楽 」






■ 枡形手水鉢 ■

e0126548_13123980.jpg


桂離宮 松琴亭 腰掛待合 近くにある、方形の手水鉢の 代表的な作品

、の コレは 写し

方形の鉢に 同じ方形の水穴を 斜めに彫った 意匠





■ 道標 ■

e0126548_13302275.jpg


「 春 夏 冬 二 升 五 合 」

皆さんは この意味が 解るでしょーか?








秋 が 無い  →  商い

二升  →  升 ( ます ) が 二つ ます × 2

五合  →  一升 の 半分 すなわち 半升 ( はんじょう )




商 売 益 々 繁 盛 ! !

楽しいですね~




追伸: 先斗町の名称の由来

先斗 という 地名の語源は ポルトガル語 の ponta ( 「 先 」 の 意 ) にあるとされる。

鴨川 と 高瀬川 に 挟まれているため、 堤であると捉え、鼓が 「 ポン 」 と 鳴ることに掛けて、

「 ぽんと 」 と なったという。



石造美術 めぐり、 皆さんも一度 行ってみては ? かならず 新たな 発見 あると思います。

by tokan-en-hardrock | 2007-08-14 13:57 | 都乾園 | Comments(2)