カテゴリ:都乾園( 917 )

勧修寺(かじゅうじ)


3月3日(木)

e0126548_853295.jpg

勧修寺形(かじゅうじがた)の石燈籠写しが入荷してきました。

e0126548_8534531.jpg

本歌は、樹齢750年といわれるハイビャクシンに取り囲まれるようにして、書院前庭に据えられています。
笠は薄く、数奇屋的な軽さを感じさせ、軒が垂れ下がっています。
長方形の台に長方形の竿を置き、竿の中央に長方形の穴をあけ、その上にまた長方形の火袋を置いて、長方形の火口をあけるという、面白く斬新な意匠となっています。

e0126548_854258.jpg

勧修寺形石燈籠にとって命ともいわれる薄く仕上げられた笠の一部が欠損していることが残念でたまりません。

e0126548_8541764.jpg

また、笠と火袋が同種の花崗岩製で、それ以外は江州石製の寄せとなっています。

by tokan-en-hardrock | 2016-03-03 08:54 | 都乾園 | Comments(0)

鞍馬石


3月2日(水)

e0126548_102280.jpg

昨日入荷してきた古材の中に鞍馬石製の手水鉢もありました。

e0126548_1022051.jpg

e0126548_1023457.jpg

鉢穴がデカ過ぎる気もしますが、格好のいい石です。

e0126548_1025074.jpg

あ!昨日ポストした朝鮮燈籠は嫁入り先が決まりました。
この度は弊社にご用命賜り感謝致します。

by tokan-en-hardrock | 2016-03-02 10:03 | 都乾園 | Comments(0)

奥ノ院


3月1日(火)

e0126548_15553942.jpg

パワーストーンでも著名な白川石製の奥ノ院形石燈籠9尺5寸が入荷してきたので、早速建ててみました。9尺5寸ともなるとかなりの存在感です。

e0126548_1556770.jpg

e0126548_15562177.jpg

ほぼほぼ無傷で、丁寧な彫刻が見事です。明治、または大正あたりの作かと思われます。

続いて、朝鮮燈籠と芝山好みの立手水も入荷してきました。

e0126548_15563912.jpg

e0126548_15565388.jpg

朝鮮燈籠は正確な石種は不明ですが、韓国の花崗岩かと思われます。

e0126548_1557192.jpg

e0126548_15573251.jpg

芝山は太閤石です。まだ他にも入荷しましたが、それは明日!笑

by tokan-en-hardrock | 2016-03-01 15:58 | 都乾園 | Comments(0)

サンドマーブル


2月25日(木)

写真は弊社在庫品、残りわずかとなった 中国産 砂岩製 小舗石(ピンコロ) 「サンドマーブル」 です。

e0126548_14372835.jpg

サイズは約90×90×90mmで、角をミキサーで丸め表面を柔らかく仕上げております。

e0126548_14374680.jpg

石質的に苔が付着しやすく、早く侘び寂びが必要な現場にはもってこいです。

e0126548_1438420.jpg

本来の小舗石(ピンコロ)のように一面に敷き詰めるのではなく、

e0126548_14382097.jpg

差石として使用するのがベストかと思います。

by tokan-en-hardrock | 2016-02-25 14:39 | 都乾園 | Comments(0)

鞍馬石


2月19日(金)

e0126548_9531615.jpg

写真は先日入荷してきた本鞍馬石製の手水鉢とオブジェ??です。
手水鉢は鉢穴に一部欠けがあり残念です。まあ数ヶ月もすれば馴染むと思いますが… 

e0126548_9533028.jpg

もう一つは一瞬手水鉢と思われますが、円形に穿つた穴は貫通してます。穴天井部にフック的な金具を付ければ釣鐘形燈籠の出来上がりです(笑)

by tokan-en-hardrock | 2016-02-19 09:54 | 都乾園 | Comments(0)

玉石


2月8日(月)

e0126548_956273.jpg

先週の金曜日に倉庫の整理をしました。トンバッグに詰められた怪しい??玉砂利を発見したのでビニール袋に小分けしました。

e0126548_9562144.jpg

e0126548_9563596.jpg

会長曰く相当古い玉砂利で、九州南部(鹿児島?宮崎?)辺りの海石じゃないかと… 

e0126548_9565487.jpg

袋数にして55袋。1袋約20kgで計算すると、ざっと1トンちょいあります。良質の国内産の花崗岩?閃緑岩?の玉砂利は如何ですか?数に限りがありますが大特価にてご提供致します。

by tokan-en-hardrock | 2016-02-08 09:57 | 都乾園 | Comments(0)

牛塔


2月3日(水)

e0126548_10423385.jpg

牛塔形石燈籠です。この牛塔形の「牛塔」とは長安寺宝塔のことで、八角の基礎石に超巨大な壺型の塔身をおき笠石を乗っけたもので、鎌倉時代初期につくられた日本を代表する石造宝塔のひとつです。その昔、大地震で破損した関寺を復興する時に資材を運搬した一頭の牛が仏の化身であると噂が立ち多くの人々が関寺へ参拝したそうです。そして、牛は関寺の工事が終わると共に死に、その牛を供養し祀ったのが「牛塔」です。彫刻様式から鎌倉時代初期の作だと推定されます。笠である屋根の反りがほとんどなくてむくみがあり、笠と塔身の石質が異なることなどが、制作年代をほぼ決定付けているといえます。そんな牛塔をイメージして造りました。

by tokan-en-hardrock | 2016-02-03 10:43 | 都乾園 | Comments(0)

冬到来


1月21日(木)

e0126548_8574734.jpg

やっと冬らしくなったとは言え、、、降り過ぎ!笑

e0126548_85869.jpg

先日入荷してきた京町家の古材ですが、ご覧の通り悪天候につき写真撮影できずorz

e0126548_8582724.jpg

ってことで本日一気にUPします。

e0126548_8585370.jpg

少し前にも入ってきた恵那(蛭川)産花崗岩製のサイズが揃った町家板数枚と、

e0126548_8591775.jpg

丹波鞍馬(通称たんくら)の大飛石、鞍馬の小飛びは3枚、

e0126548_8593328.jpg

あとは葛石や立手水に沓石。どれもこれも上質の京町家の古材ばかりです。

e0126548_8594728.jpg

足元悪いですが、気になる石ありましたら気軽にお問合せ・お立ち寄り下さいませ。

by tokan-en-hardrock | 2016-01-21 09:01 | 都乾園 | Comments(0)

酒船石


1月18日(月)

e0126548_16423160.jpg

写真は弊社の在庫品、明日香の酒船石を模して造ったモノです。

e0126548_16424448.jpg

酒船石は酒を造る道具、あるいは薬などを造るための道具とも言われ諸説あるが定かではありません。近くに水を引いたとみられる土管や石樋も見つかっていることから庭園の施設とも言われています。

e0126548_16425874.jpg

造ってはみたものの、まあこれを庭に取り入れるのは難しいですかね?!(;^_^A

by tokan-en-hardrock | 2016-01-18 16:43 | 都乾園 | Comments(0)

初心にかえって


1月16日(土)

e0126548_9241469.jpg

天端に唐草文様が施された花崗岩製の手水鉢は、
平安建都1200年と、京都府・陝西省(せんせいしょう)友好提携10周年を記念して、
1994年9月 京都文化博物館に於いて開催された「 大唐長安展 」で見掛けた石造美術品をヒント参考に模作した弊社のワンオフモデルのです!笑

e0126548_9243447.jpg

以前は活発に博物館などへ足を運び、一生懸命勉強し、感性を養い、刺激されに行ったモノです。
最近はそういう機会も滅法減ってしまいました。

e0126548_9244985.jpg

昨日、ある方とお話しさせて頂いたことで、当時のガツガツしていた頃を想い出しました。もう一度初心にかえらんとアカンですわw

by tokan-en-hardrock | 2016-01-16 09:25 | 都乾園 | Comments(0)