勧修寺(かじゅうじ)


3月3日(木)

e0126548_853295.jpg

勧修寺形(かじゅうじがた)の石燈籠写しが入荷してきました。

e0126548_8534531.jpg

本歌は、樹齢750年といわれるハイビャクシンに取り囲まれるようにして、書院前庭に据えられています。
笠は薄く、数奇屋的な軽さを感じさせ、軒が垂れ下がっています。
長方形の台に長方形の竿を置き、竿の中央に長方形の穴をあけ、その上にまた長方形の火袋を置いて、長方形の火口をあけるという、面白く斬新な意匠となっています。

e0126548_854258.jpg

勧修寺形石燈籠にとって命ともいわれる薄く仕上げられた笠の一部が欠損していることが残念でたまりません。

e0126548_8541764.jpg

また、笠と火袋が同種の花崗岩製で、それ以外は江州石製の寄せとなっています。

by tokan-en-hardrock | 2016-03-03 08:54 | 都乾園 | Comments(0)

<< マグロ 鞍馬石 >>