赤玉??


12月5日(金)

佐渡??赤玉石ですww

e0126548_13164887.jpg

佐渡市(旧両津市)の赤玉地区より産出されるものだけを佐渡赤玉石といいます。
ってことはこれは赤玉石じゃないですねww

e0126548_13205422.jpg

鉄分と石英が高熱と高圧で結合した石で、非常に硬く(硬度6.5~7.0)磨いたときに透明感のある光沢がでます。色彩の美しさは日本一と言われて日本三大銘石のひとつとされます。「赤玉」という呼び方には、二つの説があります。一つは玉のように一つずつ出てくるからだと言う説と、もう一つは玉(ぎょく)のような輝きをもつ石だから赤玉石というと言う説がありますが、現在では後者の説が一般的です。天正18年に真野俊隆が佐渡産の赤石を豊臣秀吉に献上したことがあり、このときは「朱真石」と呼んだといわれます。古事記や日本書紀にも赤玉の歌があり、この歌が佐渡産の赤玉石に由来するという学説をとなえる人がいるが、定かではありませんが、弥生時代より加工され、勾玉や管玉として装飾品に使われ、江戸時代にはキセルの根付などにも使われました。適度な大きさのものは、磨いても自然のままでみても良いことから観賞石や水石として珍重され、また大きなものは、庭石として使われました。庭石としては石組みに使うものではなく、必ず一石を庭や玄関等の目立つ所に置き眺める飾り石です。また古くから朱(赤)は魔を払うと言われることから、佐渡赤玉石は縁起の良い石といわれ、佐渡では家の玄関や床の間に家の守り石として飾られてきました。しかし、昭和57年以降では産出量はほとんど無くなってしまい、非常に貴重な石になっています。

by tokan-en-hardrock | 2014-12-05 13:20 | 都乾園 | Comments(0)

<< 太閤 葛石 >>