太秦


6月11日(火)

e0126548_10291639.jpg

広隆寺太秦形”似”の石燈籠(丹波石製)が入荷してきました!!!

e0126548_10314961.jpg

写真のこれは写し(模作)で、

e0126548_10294197.jpg

本歌は京都市右京区太秦蜂岡町広隆寺本坊庭園内にあり、
六角型花崗岩製、高さは約7尺7寸、
茶人が名物に選んだ燈籠で有名です。

現在太子殿(たいしでん)前にあるのは模造品で、実物は本坊の南庭にあります。
本歌の基礎は平面円形(写真の物は六角形)で蓮弁は反転しおり、

e0126548_10303767.jpg

竿の中節に蓮華文の飾りがあるのが特徴的で鎌倉時代の好みです。
中台側面は二区に分けて横連子が入っていて、中台以上が大振りなので重感が出てます。
笠は軒先はやや上に反っているので重苦しさを感じさせないです。

e0126548_10313081.jpg

宝珠部はもともと後補ですがが、それを近ごろ盗まれたとかで、
あり合わせのもので流用してるそうですwww

by tokan-en-hardrock | 2013-06-11 10:33 | 都乾園 | Comments(0)

<< 能勢黒みかげ 琵琶湖ポテンシャル >>