南宗寺のつくばい


11月16日(火)

e0126548_7121646.jpg

写真は弊社製品であり、下記のモノの写しです。

本歌は、

大阪府堺市堺区にある臨済宗大徳寺派の寺院、南宗寺内もと実相庵(戦災で焼失)にあった書院式のつくばいで、この手水鉢は千利休遺愛のものと伝えられており、
高さ1.16m、天端直径45cm、配置は周囲に水門をめぐらした中鉢形式で、おりつくばいにも見受けられます。

袈裟形手水鉢として、その優美な意匠は代表的なものと言われてます。

by tokan-en-hardrock | 2010-11-16 07:16 | 都乾園 | Comments(0)

<< 高桐院のつくばい つくばいの基本的石組 >>